USEFUL COLUMNS

お役立ちコラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ママのお悩み相談室
  4. Q. 夜泣きをよくしたり、置くとすぐ泣く子はどうしたらいいですか?

Q. 夜泣きをよくしたり、置くとすぐ泣く子はどうしたらいいですか?

こんにちは!
助産師のかなこです☆

夜泣きをよくしたり、しょっちゅう置いたらすぐ泣く子や、抱っこしても身体がのけぞるような子。そんな子はちょっと身体が緊張している場合があります。

過去の記事もよかったら参考にしてみてください☆
・一歳を過ぎて夜泣きが出てきました。https://josanshi-cafe.com/86-365/
・ねんねトレーニングについて。https://josanshi-cafe.com/104-365/

うちの子そうだわ!でもどうしたらいいの??

こういう場合にできる事は、いくつかあります。例えば、小児はりしている鍼灸に行く。赤ちゃんも見てくれる整体に行く。抱っこひもや抱っこの仕方を確認する。(赤ちゃんの背中が丸く手足もまんまるに抱っこできているか)など。

ただどこかに行く、となると少しハードルが高いですよね。

そんな時、道具もいらずにできる事は、お手当てです。そう、文字通り手を当てるのです。

夜泣きが多い、置いてもすぐ泣く、のけぞる。そんな子は、背中や肩のあたりが緊張しています。ママやパパの手を温めて、赤ちゃんの肩甲骨当たりの背中や、仙骨のあたり、お腹のあたりにそっと手を当てておくのです。

泣いている子がいると、どうしても背中をトントンたたきたくなりますし、全然泣き止まないと無意識のうちにトントンする手が強くなってしまいます。

でも実はトントンするより、ただそっと手を当てておく方が赤ちゃんは落ち着くのです。どの位の時間、当ててもいいです。授乳しながらお腹や背中に手を当ててもいいです。寝ている時にそっと当てるのもいいです。

大事なのは、「泣きやんで―早く静かになってー。どうしてそんなに泣くのー早く寝てー」と思わずに、ただ、当てる事です。

泣き止んでー早く寝て―と思いながら当てていると、その気持ちが伝わってしまいます。無にならなくてもいいです。ただ、手を当て、ママやパパがゆったり腰を据え、深呼吸しながら当てる。それだけで身体が緩んできます。

今すぐにでも簡単にできる方法。よかったら試してみてくださいね☆

 

 

 

☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆
【世界中どこにいても助産師がママのそばに】
じょさんしカフェonlineの公式ブログは365日更新中!
助産師・杉浦加菜子のチャレンジはコチラ☆
https://www.instagram.com/midwife_kanako/
☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事