USEFUL COLUMNS

お役立ちコラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ママのお悩み相談室
  4. Q. 乳首が切れていたいです。それでも授乳は続けたほうがいいですか?

Q. 乳首が切れていたいです。それでも授乳は続けたほうがいいですか?

 

こんにちは!
助産師のかなこです☆

授乳中、乳首が切れる事、ありますよね。

思ってるよりも、赤ちゃんの吸う力って強いですよね。私も、助産師でしたが、第一子の時は「ひー!こんなに強く吸うのー!こんなもんなんですか?」と入院中、助産師さんに聞きました。。

そして、乳首が切れてしまうことも。。。

痛いですよね。激痛ですよね。授乳時間が愛しい時間ではなく、恐怖の時間になりますよね。

まず、乳首が切れる原因は、赤ちゃんの吸い方が浅い。からです!

アヒルのお口のように、上唇も下唇もぶるんとなっていれば、乳首の先っぽだけではなく、乳輪部をくわえて吸うので、そんなに痛くないのです。

でも、飲み方が浅いと、先っぽだけくわえていて、おっぱいを離すと乳首がペタンと潰れた感じになります。それが続くと、切れてしまうのですね。

切れないために、傷にならないために、まずは深く吸わせること。が大事になります。

そして、もし、傷ができていたい場合は、「ランシノー」や「馬油」など、乳首に塗っても大丈夫な保湿剤を塗り、次の授乳まではサランラップなどで保護します。

もし、深く吸うことを気をつけても、保湿で保護しても全然よくならない場合は、傷のあるおっぱい側を授乳一回分お休みするのもありです。

全く飲ませなくなると、分泌が悪くなってしまうので、授乳のたびに吸わせるのでなく、一回おきにあげてみるのもいいですね。そして、吸われなかった分を、搾乳をしておくこともあります。

一回置きにあげるのか、吸われなかった方は搾乳をした方がいいのか、それともしなくていいのか。などは、それぞれの母乳の分泌具合や、産後の日数、赤ちゃんの飲み方、などによります。なので、こうですよ、と一概には言えない部分が多くあります。

もし、深く吸わせるのを意識し、保湿しても保護しても改善しないくらい傷がある場合は、母乳外来や、近くの助産院に相談してみてくださいね☆

 

 

 

☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆
【世界中どこにいても助産師がママのそばに】
じょさんしカフェonlineの公式ブログは365日更新中!
助産師・杉浦加菜子のチャレンジはコチラ☆
https://www.instagram.com/midwife_kanako/
☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事