CONSULTATION ROOM

ママのお悩み相談室

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 赤ちゃんとのくらし
  4. Q. おすすめの抱っこひもを教えてください①

Q. おすすめの抱っこひもを教えてください①

 

こんにちは!

抱っこひも、いろいろ選ぶ基準になることを書いてきましたが、いかがでしたか?
人それぞれ、使いたい時や好みもあるので、
1/13の記事で話していた助産師目線の気にしてほしい基準を考慮したうえで、ご自身と赤ちゃんにあうものを選んでもらいたいな
と思います☆

レンタルできるものもあるので、色々試してみてくださいね!

今日は、私が使っていた抱っこひもについて書いていきますね。
参考にしてもらう一つの材料として、読んでみてください☆

私が今まで使ったのは、
肩ベルトタイプの抱っこひも(ベビービョルン)
エルゴ(新生児期はインサート使用)
スリング
兵児帯
ラップ です。

それぞれについて、あくまで私目線でお話をしていきますね。

肩ベルトタイプの抱っこひもは、もともと肩こりのある私には、肩に負荷がかかりすぎてお試し程度でした。
私が使っていたベビービョ〇〇ですが、重力で股関節が下がってしまい、股関節脱臼につながることもあります。
欧米の方は股関節脱臼をしづらいので、このタイプでもいいのですが、日本人が使用する場合は気をつけてあげましょうね。

エルゴは、この中でも一番よく使用しました。
インサートは正直面倒だったのと、付け直す時が面倒だったので、一人目の時しか使いませんでした。
パパでも楽につけれる、かさばるけれど装着が楽ちんなので、上げ下ろしが多い外出の時はよく使っていました。
もちろん、頭がガクンとならないように気をつけて。
ただ、密着が弱いので、長時間つけていると、腰に負担がかかっていました。

先にラップについて。
これは、オランダにいるときに欧米人がよく使っているのを見ました。
すっぽり収まっている感じが可愛くて♡
二人目出産したら、ラップにする~!
と思っていましたが、あれ、かなり長いんです!
4mくらいはあるし、幅もあるので、正直かさばります。
上手に巻けたら、かなり密着するし、つけ方をマスターしたらいろんなつけ方があるから面白いと思います。
ただ、身長の低い私には不向きでした。身長の高い方なら、また付け心地が違ったかもしれませんね。
あと、生地を何重にも巻くので、湿気の多い暑い夏の日本では、暑そうだな~と思いました。

長くなったので、スリングと、兵児帯については明日☆

 

 

 

☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆
【世界中どこにいても助産師がママのそばに】
じょさんしカフェonlineの公式ブログは365日更新中!
助産師・杉浦加菜子のチャレンジはコチラ☆
https://www.instagram.com/midwife_kanako/
☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事