CONSULTATION ROOM

ママのお悩み相談室

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 赤ちゃんとのくらし
  4. Q. 下の子が生まれてから、5歳のお姉ちゃんが、何をするにしても私の許可をとりにきます。自分で物事を考えれない子になっているのでしょうか?

Q. 下の子が生まれてから、5歳のお姉ちゃんが、何をするにしても私の許可をとりにきます。自分で物事を考えれない子になっているのでしょうか?

 

こんにちは!
今日もじょさんしカフェonlineにお越しくださりありがとうございます☆
助産師のかなこです。

うんうん、ありますよね~。
「ママ―今本読んでもいーい―?」
「ママ―、この服着替えさせてー」
「ママ―、今テレビ見てもいーい―?」
「ママ―、お茶飲んでもいーい?」
「ママ―、ままー!、マーマー!!!」

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。といつも頭はフル回転なおかあさん。何度も「ママ―」と言われると、イライラ!っときてしまったり、自分でそれくらいの事決めたらいいのに! と思いますよね。

今回の場合、些細なことでもママに許可を求めてくるので、自分で決断できない子なのでは。と心配されていますが、決断できないわけではないんですね。

ただ、大好きなママに自分の方を向いてもらいたい。
ただ、「それでいいよー」と言ってもらいたい。
それだけなんですね。

下の子がうまれ、明らかに自分への接し方と赤ちゃんへの接し方が違うのを感じたり、ママは忙しくてなかなか自分の方をみてくれなかったり。そんなことを5歳ながらに感じているのでしょうね。

ママからしてみれば、5歳になって自分のことは随分一人でできるようになったのに、なんで、あなたまでママが忙しい時にあれもやって、これもやって。と言ってくるの?自分で決めて自分でしてちょうだい!と思ってしまいますよね。

でもね、まだたったの5歳。
ママにぎゅってされたいし、ママに自分を見てニコニコしてほしい、ママに赤ちゃんと同じくらいかそれ以上にだいすき!って思ってもらいたいんですよね。たまにはママと二人きりの時間が欲しいんですよね。

赤ちゃんが静かに寝ているときや、休日にパパに預けて、上の子と二人だけの時間を持ってみるのもいいですね☆ママにこっちを向いてほしい。ただそれだけなのです☆

 

 

☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆
【世界中どこにいても助産師がママのそばに】
じょさんしカフェonlineの公式ブログは365日更新中!
助産師・杉浦加菜子のチャレンジはコチラ☆
https://www.instagram.com/midwife_kanako/
☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事