USEFUL COLUMNS

お役立ちコラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ママの身体とこころ
  4. Q. 会陰マッサージはしたほうがいいですか?

Q. 会陰マッサージはしたほうがいいですか?

 

こんにちは!
助産師のかなこです☆

3月も終盤になり、進級、進学の時期ですね!みなさまいかがお過ごしでしょうか?
我が家は、発表会に、進学、入園の準備で母親の私がバタバタしています。。子供たちはウキウキ、ワクワクしていますが☆

さて、臨月近くになると、会陰マッサージをしましょう。と言われたり、雑誌や本に書いてあったりしますよね。このマッサージ、本当に効果あるの??どうやってやるの?と思われる方も少なくないですよね。

もちろん、会陰マッサージをしたからと言って、絶対に会陰裂傷がおきない。というわけではないですが、会陰マッサージの効果は、研究で効果あり!と出ています。

どんな効果かというと、初産婦さんの場合は、会陰切開や縫合が必要な程の会陰裂傷が少ないのです。そして経産婦さんでは、産後3か月の時点での会陰部の痛みが少ない。という効果です。

じゃあどれくらいの頻度でどうしたらいいのか。ですが、

お腹の張りや切迫の症状がない場合は、妊娠34週から行います。もしお腹の張りなどがある場合は、臨月に入った36週から始めましょうね。そして、ホホバオイルやオリーブオイルなど植物性のオイルを指1-2本につけ、膣内に3-5㎝挿入し、1回5-10分ほど、4時から8時の方向をマッサージします。皮膚が温まって、痛みを感じにくくなるお風呂上りにするといいですね。

その時の姿勢はどんな姿勢でもいいです。座った状態でもいいし、和式のトイレの時の姿勢でもいいです。

そして、行う頻度ですが、週に1-2回を続けていくことがいいです。一週間に行う頻度が多いからいいというわけではなく、続けていくことがいいんですね☆

文字だけではよくわからない~という方は、かかりつけの産院の助産師に聞いてみてくださいね。もしくは私にご相談してもらってももちろんいいです!

また、やるのが怖い―という方もいると思いますが、是非やってみてください☆ご自身の身体です。そして、出産する赤ちゃんは指の1-2本よりはるかに大きいです!赤ちゃんががんばって通ってくる道を整備しておいてあげる意味でも☆

どうしても無理!という場合は、会陰と肛門の間の皮膚をオイルで保湿しておくだけでもいいですね!

 

 

☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆
【世界中どこにいても助産師がママのそばに】
じょさんしカフェonlineの公式ブログは365日更新中!
助産師・杉浦加菜子のチャレンジはコチラ☆
https://www.instagram.com/midwife_kanako/
☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事