USEFUL COLUMNS

お役立ちコラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ママのお悩み相談室
  4. Q. 離乳食のあげ方で、赤ちゃん主導のあげ方があると聞きました。どんなあげ方ですか?(BLWについて)

Q. 離乳食のあげ方で、赤ちゃん主導のあげ方があると聞きました。どんなあげ方ですか?(BLWについて)

 

こんにちは!
助産師のかなこです☆

BLW=Baby Led Weaning(赤ちゃんに任せる、赤ちゃんが自ら行う離乳という意味)という離乳食のあげ方を聞いたことはありますか?

2010年ころ、イギリスで始まった離乳食の考え方&あげ方で、基本的には親が食材を赤ちゃんの口に運ぶのではなく、目の前にあるいくつかの食材を赤ちゃんが自分で選び、食べることを言います。

赤ちゃんが歯茎でつぶせるくらいの固さの野菜や果物を自分で持てるようにスティック状やサイコロ状に切り、その食材を数種類机の上にそのまま置き(赤ちゃんがお皿ではなく、食材に意識が行くようにするため)、あとは赤ちゃんが自分で選び食べていきます。

よくある食材は、軟らかく茹でたニンジンや、ジャガイモ、サツマイモやかぼちゃ、生のキュウリ、アボカド、パンなどです。

この際、食材は持ちやすいようにスティック状に切ったり、丸いものはあげない(トマトやブドウなど)、ナッツ類はあげないなどのような注意が必要です。

このBLWをすることで、赤ちゃんが自分の目で見て、触りたい。食べたい。と思ったものを自分で口に運んで食べるので、視覚や触覚、味覚が発達し、食べることに意欲も芽生え、赤ちゃんの発達にいいとされています。

気をつけるポイントは、窒息しないように。ということです。

これが今、ヨーロッパやアメリカで勧められているのですが、日本の場合の食手づかみたべに似ていますよね。違う事と言えば、BLWは離乳食が始まった時から赤ちゃんにゆだねる事です。

そして、どうして今、欧米でこの食べ方がすすめられているのかなー?と思った時、ふと気づきました。ここから先は私の考察なのであくまで参考程度にしてもらいたいのですが、欧米では、離乳食はずっとドロドロなのです。それだと、どの食材を食べて、どんな味で、どんな触感なのかわからないままです。ところがBLWにすれば、触覚や視覚が鍛えられます。

一方日本はもともと手づかみ食べ。という離乳食のあげ方があり、これがBLWに似ているため、特に勧められていないのかな。と思いました。

離乳食のあげ方はいろいろあり、それぞれのお子さんや親に合ったあげ方ができるのが一番ですね☆

 

 

 

☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆
【世界中どこにいても助産師がママのそばに】
じょさんしカフェonlineの公式ブログは365日更新中!
助産師・杉浦加菜子のチャレンジはコチラ☆
https://www.instagram.com/midwife_kanako/
☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事