USEFUL COLUMNS

お役立ちコラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ママの身体とこころ
  4. Q. 無痛分娩にしようか迷っています。

Q. 無痛分娩にしようか迷っています。

 

こんにちは!
助産師のかなこです☆

今の時代、出産の方法にもいろんな選択肢がありますよね。無痛分娩、和痛分娩、自然分娩、帝王切開。

私は、どれを選んでも、どれになっても、どれもママと赤ちゃんにとってかけがいのないお産。だと思っています。
なので、いろいろ悩んで、考えて選んだ選択であればそれが一番なんだと思います。

そうはいっても、無痛がいいのかな、自然がいいのかな、と迷うこともありますよね。周りに無痛で産んでよかったという方がいれば無痛のがいいのかな。と思ったり、自然分娩してよかったよ。という方がいればそうしたいなと思ったり。周りの意見や感想は参考にはなりますよね。でも、周りの方が感じたように自分も感じるかは、出産してみないとわからないです。

本当は、無痛分娩と自然分娩のそれぞれのいいところと、そうでないデメリットな部分を書こうと思ったのですが、そんなのは、いろんな本やサイトに書いてあるのでやめにします。

助産師としてお伝えしたいことを書きますね。

お産は命がけです。それは、どんなお産の方法を選んでも同じです。

お産は、片足を棺桶に突っ込んでいるようなもので、命を懸ける事です。

もっと真剣に向き合って。自分の心と身体にもっと真剣に。

無痛分娩で痛みは緩和されるかもしれない。体力温存できるかもしれない。

でも、赤ちゃんは陣痛を感じないわけじゃないんです。

赤ちゃんは無痛にしてもしなくても感じる陣痛は同じなんです。

自分の心の声や、身体の声に耳を傾けながら、赤ちゃんがいる自分の身体と向き合いながら過ごすのが10か月の妊娠期間です。

どうして、今身体がこんなふうになっているのかな。どうして自分はこんなことを感じているのかな。

赤ちゃんといる「とつきとおか」でいろんなことに向き合い、覚悟を決める時間なんです。

無痛分娩も立派な選択肢です。

でも、無痛だから、身体づくりをしなくていい、自分や赤ちゃんと向き合わなくてもいい。歩いたり、陣痛乗り越えれるように体力づくりしなくていい。そんなことはないんです。

どんな出産方法でも、自分の体と心に向き合い、真剣に考え、出産に向け準備することが、出産の自信につながり、その後の子育てへと移行していくのです。

どうかどうか、「痛くないらしい」「産後が楽らしい」という気持ちだけで選んでほしくないな、と思います。

お産は痛み、つらい。だけではないんです。

お産は自分の人生そのものなんです。どんな人生にしたい?誰といたい?どんな風に過ごしたい?

つらくて、痛みを感じることをのぞいたら、自分の人生はいいものになりますか?

そんなことを夫婦で真剣に考え、赤ちゃんと向き合うものすごく特別な時間なんです。

真剣に向き合い、話し合い、覚悟を決めたうえでの選択ならなんだっていいと思います。人生の選択に正解がないように、お産にだって正解はないと思います。

どんな風に考えたらいいのか、迷ったり悩んだりしたら、どんどん助産師に聞いてください!そのために私たち助産師がいます。

みんなが自分らしいお産ができるよう、心から思っています☆

 

 

 

☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆
【世界中どこにいても助産師がママのそばに】
じょさんしカフェonlineの公式ブログは365日更新中!
助産師・杉浦加菜子のチャレンジはコチラ☆
https://www.instagram.com/midwife_kanako/
☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事