CONSULTATION ROOM

ママのお悩み相談室

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ママの身体とこころ
  4. Q. 仰向けの姿勢以外に出産していいんですか?②

Q. 仰向けの姿勢以外に出産していいんですか?②

 

こんにちは!
助産師のかなこです☆

さて、昨日に引き続き、出産の時の姿勢についてのお話ですね。
昨日の記事では、出産のときは赤ちゃんもママも元気であれば仰向け以外で過ごしてもいいんだよ。というお話をしましたね。https://josanshi-cafe.com/80-365/

じゃあ、仰向け以外の姿勢って、どんな感じ?仰向け以外の姿勢でも赤ちゃん大丈夫なの?という視点でお話ししていきますね。

まず、仰向け以外にどんな姿勢があるかと言ったら、好きな姿勢ならどんなんでもいいです!例えば、寝たまま横向きになる姿勢(側臥位)、和式のトイレの姿勢(座位)、四つん這い、立ってる姿勢(立位)などがあります。

どれがいいのか??それは、出産するママが一番楽な姿勢でいいんです。あとは、赤ちゃんが楽な姿勢がある場合もあります。それは、赤ちゃんの位置や体制、へその緒の場所や状態によります。

出産の場で、ママの好きな姿勢でも大丈夫なのかどうかは、付き添っている助産師が必ず確認します。もし、姿勢によって赤ちゃんが苦しいサインが出ている場合は、違う姿勢を提案させていただくこともありますが、基本はママの好きな姿勢でいいんです。

そして、仰向け以外の姿勢で過ごすメリットには、

陣痛が始まってから子宮口が全開大(10cm)するまででは
・時間が短い
・帝王切開率が低い
・赤ちゃんのNICU(新生児集中治療室)への入院率が低い

子宮口が全開大(10cm)してから赤ちゃんが生まれるまででは
・会陰切開することが少ない
・赤ちゃんの心拍は異常になることが少ない
・器械分娩(鉗子分娩や吸引分娩)が少ない

があります。一方で、デメリットとしては、会陰裂傷が深くなる場合もあります。これは、重力に逆らわず出産することによって一気に赤ちゃんが産道を通るからですが、いきみをゆったりした呼吸で逃すことにより防げるものでもあります。

もちろん、赤ちゃんが苦しかったり、いち早く処置をして出産しなくてはいけない状況もあります。その場合は、仰向けでの出産が一番いいです。でも、赤ちゃんもママも元気で順調であれば、ママの好きな姿勢で、楽な姿勢で過ごしてみてくださいね☆

どんな姿勢がいいのかわからない、どうしたらいいのかわからない。という場合は、どんどん助産師に話してください。その時の進行具合やママの状態でこんな姿勢もいいんじゃない?とご提案させていただきます☆

 

 

 

☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆
【世界中どこにいても助産師がママのそばに】
じょさんしカフェonlineの公式ブログは365日更新中!
助産師・杉浦加菜子のチャレンジはコチラ☆
https://www.instagram.com/midwife_kanako/
☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事