USEFUL COLUMNS

お役立ちコラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ママの身体とこころ
  4. Q. 何をしたら、下腹部のつれや、足の付け根がつらなくなりますか?

Q. 何をしたら、下腹部のつれや、足の付け根がつらなくなりますか?

昨日の記事で、お腹の皮膚が固かったり、血流が悪いと下腹部のつれや足の付け根がつるのを感じやすいとお伝えしましたね。

https://josanshi-cafe.com/8-365/

じゃあ、どうしたら良くなるのか。

まずは、血流を良くし、冷えを改善しましょう。よく冷えはよくない。と言いますが、冷えているからお腹が張る、冷えているから早産になる、というように、冷え=何かが起こるというのは、ちょっと違う気もしますが、

冷えを改善する=出ている症状が改善する、もしくは悪化しない

ということにはなりますね。

この冷え。海外では全く注目されない事柄です。妊婦さんでも、お腹を出しながら歩いている光景を見たり、寒いのに足首平気で出している妊婦さんを海外で見たことありますよね。冷えないのかなーと思って見ていましたが、彼女たち、そもそもの平熱が、違います!

私が住んでいたオランダでは、オランダ人と日本人では平均1度、平熱が違うんです。ほとんどのオランダ人が、平熱が37度台でした。だからか、夏場のクーラーが効きすぎていたり、日本人がコートを着ているのに、半袖で外を出歩いていたりします。

子どもも同じで、38度後半の熱といえば、まあまあ高いですよね。でも、オランダの方にとっては、微熱。なんです!

そもそも、体格が違うし、食べ物も全く違うから(乳製品や肉を常食)なんでしょうね。

と、話がだいぶそれましたが、、、冷え。とは日本人独特のものかもしれません。

で、この冷え。どうしたらいいんでしょうね。

簡単にできるのは、深い深呼吸や、ゆったりしたストレッチ、足湯ですね。ヨガでよく行う、腹式呼吸。鼻から吸って肺にたーっぷり空気を入れて膨らませます。そして、鼻から(鼻が詰まってる人は口でもいいです)細く長ーく、お腹がぺったんこになる感じに息を吐いていきます。これを、気づいたときに行うだけで、体が温まります。

そして、ストレッチ。このストレッチ。妊娠したら体を大事にしてあまり動かさないようにしている妊婦さん、きっと多いですよね。よっぽど、切迫で安静指示が出ていない限り、ゆったりした、お腹に力が入らない動きなら大丈夫です。

腕を上にあげてぐーっと伸びをしたり、(この時、上半身を伸ばす感じではなく、下腹部や、鼠径部を伸ばす感じに)片腕ずつ、左右に体ごと倒して、伸ばしている腕の脇あたりを伸ばすようにのびをするといいですね。この時呼吸は止めないように気をつけてくださいね。

あとは、足湯。ちょっと熱いなと思うお湯に20分間いれておきます。お湯の深さは、内くるぶしから指4本分上の三陰交というつぼが隠れるほど、足の指をのばしたまま入れるもの、ぬるくなったら指し湯をしながら行います。20分ほどすると、全身がポカポカしてくると思います。

ストレッチの仕方がわかんないーとか、三陰交ってどこ?とかあれば、いつでもじょさんしカフェonlineを予約して聞きに来てくださーい!マタニティヨガの講師もしていたので、おすすめポーズとかもお伝え出来ます。

2019年秋頃まではプレオープン、無料期間なので、「えっ?こんなこと聞いていいのかな?」と思われるようなことでもなんでも、ご連絡お待ちしております。

 

 

 

2019年秋まではプレオープンにつき無料で相談できます!
ぜひ、ご連絡お待ちしております☆

 

☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆
【世界中どこにいても助産師がママのそばに】
じょさんしカフェonlineの公式ブログは365日更新中!
助産師・杉浦加菜子のチャレンジはコチラ☆
https://www.instagram.com/midwife_kanako/
☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆*..。☆

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事